下北沢で絵本朗読と音楽のコラボ・ライブ-絵本作家が企画

福音館書店「てぶくろ」(絵:エウゲーニー・M・ラチョフ 訳:内田莉莎子)

福音館書店「てぶくろ」(絵:エウゲーニー・M・ラチョフ 訳:内田莉莎子)

  •  

 下北沢の北沢タウンホール(世田谷区北沢2)で12月15日、絵本作家の柳沢晴子さんと下北沢のピアノ教室「モマン・デ・ロズ」とのジョイント企画「絵本と音楽のコラボレーションライブ」が行われる。

 ライブは、絵本の朗読に合わせてピアノの生演奏を行うもの。柳沢さんは今年から本格的に絵本の読み聞かせライブを始め、その活動に賛同した同教室のピアニストと協力しイベントを企画した。今回はウクライナの民話「てぶくろ」を上演、オリジナルの曲を演奏する。

[広告]

 作曲を手がけた柳沢さんは「キャラクターの性格をイメージして作った曲や、雪がしんしんと降る様子を曲にしたもの、ロシア民謡なども盛り込んだ」と話し、イマジネーションを大切にした構成となっているという。

 「絵本には、大人にとっても童心を思い出させてくれる不思議な力がある。心のサプリメントになるようなイベントにしたい」(同)とも。

 開催時間は10時~12時。来春にも同様のイベントを企画中。

柳沢晴子モマン・デ・ロズ

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?