天気予報

10

3

みん経トピックス

三軒茶屋にダチョウ料理店慶応大学出身劇団の公演

下北沢に本屋「B&B」-numabooksと博報堂ケトルが共同出店、ビールも提供

  • 0
下北沢に本屋「B&B」-numabooksと博報堂ケトルが共同出店、ビールも提供

下北沢駅南口から歩いてすぐの場所にある本屋「B&B」

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢南口に7月20日、本屋「B&B」(世田谷区北沢2、TEL 03-6450-8272)がオープンする。

 本とアイデアのレーベル「numabooks」(世田谷区)と博報堂ケトル(港区)が共同プロデュースする同店。店舗面積は30坪。「B&B」は「Book & Beer」の略で、セレクトされた新刊書籍や古本を販売するほか、店内でビールも提供する。

 20時~22時をイベントタイムとし、トークショーなども開催。10日~14日のプレオープン中は、雑誌「Casa BRUTUS」(マガジンハウス)との共同企画で「暮らしを変える本の話」についてのトークイベントを開く。

 グランドオープン後の21日~25日は「下北沢特集」と題してイベントを開催。21日の勝間和代さんを皮切りに、「マンスリーよしもとPLUS」(ワニブックス)編集長の森山裕之さん、ミュージシャンの曽我部恵一さん、フリー編集者で物書きの仲俣暁生さん、下北沢経済新聞を運営するプレスラボ(北沢2)の梅田カズヒコ社長などが登壇する。

 「コンセプトは『これからの街の本屋』。独自の視点でセレクトした本だけではなく、週刊誌など幅広い商品をそろえて、下北沢の人に愛される本屋にしたい」と「numabooks」代表の内沼晋太郎さん。博報堂ケトル社長の嶋浩一郎さんは「買い物のついで、待ち合わせのついでに気軽に立ち寄ってください。5分で自分の知らない世界につながったら得した気分になりますよね。そんな本屋さんを目指したい」と話す。

 営業時間は12時~24時 (データイム= 12時~20時、イベントタイム=20時~22時、バータイム=22時~24時)。プレオープン期間はイベントのみの営業。イベントの詳細や申込方法はホームページで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

店長の四本晶さん(左)、料理長の野村俊彦さん(右)
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング