恒例「世田谷 ボロ市」に人の波-名物「代官餅」は1時間半待ち

平日でも大盛況の「ボロ市」

平日でも大盛況の「ボロ市」

  •  
  •  

 世田谷区の無形民俗文化財に指定されている恒例「世田谷 ボロ市」が12月15日・16日、区立郷土資料館に隣接する代官屋敷(世田谷1)かいわいで開かれ、にぎわいを見せている。

初出店から今年で40年目となる中澤太鼓店に立つ女性店員

 「世田谷 ボロ市」は、安土桃山時代に北条氏政が開いた楽市を起源に400年以上の歴史を持つ。例年12月15日・16日、1月15日・16日に開かれ、骨董(こっとう)品や日用雑貨などを販売する約700の露天が軒を連ねる。農家の作業着やわらじに編み込んだ「ボロ」と呼ばれる古着が安く売られるようになったことから「ボロ市」の名が付いたと言われる。

[広告]

 昨年は4日間で約90万人が訪れた。近年は外国人観光客も増えており、「世田谷ボロ市」を主催する「せたがやボロ市保存会」(世田谷1)では、日本語版のパンフレットに加え英語版も用意する。今年は「円高の影響か、英語版が減らない」と同会のスタッフ。動員数の集計は4日間の開催を終えて行われるが、初日の印象では「不況時はにぎわう。今年も上々だろう」とも。

 1975(昭和50)年に発売され、ボロ市の名物にもなっている「代官餅」(あんこ、きなこ、からみの3種。各600円)は今年も盛況。天祖神社(世田谷1)境内に設けられた売店には早朝から多くの人が列を作っている。整理スタッフによれば、昼の時点で「1時間半待ち」。埼玉県から訪れた女性は「並ぶのは大変だが、これを食べるのが毎年の楽しみ。温かくておいしい」と代官餅をほおばりながらほほ笑んでいた。

 開催時間は9時~21時。最寄り駅は東急世田谷線「世田谷」駅と「上町」駅。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?