天気予報

23

19

みん経トピックス

下北沢でミステリー劇元アパレル社員、下北にバー

下北沢にウサギカフェ「おひさま」-店内にウサギ40羽、販売も

  • 0
下北沢にウサギカフェ「おひさま」-店内にウサギ40羽、販売も

同店で展示・販売されているウサギ

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢南口に5月3日、ウサギカフェ「おひさま」(世田谷区北沢2、TEL 03-3410-5299)がオープンした。

 カフェスペースと、ガラスで仕切ったウサギの展示・販売用スペースを併設する同店。店舗面積は17坪で、席数はカウンター6席、テーブル7席。経営は、都内と埼玉県でウサギの販売専門店を展開するエヌビー(東村山市)。同社初の飲食事業となる。

 同店で管理するウサギは約40羽。耳が立っている「ネザーランドドワーフ」と、耳が垂れている「ホーランドロップ」の2種類。ウサギと触れ合うことができるのは専用スペース内のみ。ウサギの持ち込みも可能(1匹=500円)で、客の要望に応じて爪切りやグルーミングのサービスも行う。料金は時間制で60分=1,200円~(ワンドリンク付き)など。ウサギの販売価格は9,800円~。

 フードは、「きのことベーコンのクリームパスタ」「ツナとオリーブのトマトパスタ」(共に700円)などの食事系メニューのほか、アイスクリームにチョコチップでウサギの顔を描いた「ウサギパフェ」(600円)など、オリジナルのスイーツメニューもそろえる。ドリンクメニューは、コーヒー(400円)、カプチーノ、ハーブティー(以上450円)など。

 同店「一番人気」のウサギは、他店舗から「出勤」してくるという「ネザーランドドワーフ」の「内藤君」(3)。内藤君は過去にさまざまなテレビ番組に出演した経験を持つ。店長の吉村麻美さんは、「普段は他店舗にいることが多いので、どうしても内藤君に会いたいという方はお電話で予約を」と呼びかける。

「当店では、子ウサギから大人のウサギまで、毛色や長さの違うさまざまなウサギと触れ合うことができる。相性の良いウサギとの出合いをお手伝いできれば」とも。

 営業時間は12時~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ファッションアイテムは、数十種類用意。人形のアレンジも楽しめる
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング