下北沢で「無職フェス」-29歳男性が失業を機に企画

無職フェス実行委員会代表の岩井祐樹さん

無職フェス実行委員会代表の岩井祐樹さん

  •  
  •  

 「お金がなくても楽しめる」をコンセプトにしたイベント「第4回無職FES(フェス)~お母さんといっしょ~」が10月15日、「Rooms下北沢」(世田谷区北沢2、TEL 03-3468-8140)で開催される。

 同フェス実行委員会と世田谷区内で保育関連の活動を行う「かえる兄弟舎」が共催する。実行委員会代表の岩井祐樹さん(29)は、昨年12月に失業したことを機に同イベントを企画。「無職になると社会から孤立しがちになり、一日誰とも話さない日もあった。失業した人のセーフティネットになるような場所を作りたいと思い今年2月に第1回を開いた」と話す。

[広告]

 4回目となる今回は、子どもを持つ母親との交流をテーマに開催。区議会議員が「世田谷区の保育事情と被災地の現状」について講演するほか、下北沢でバーを3店舗経営するシングルマザーの社長を招きトークライブ、ライブやダンスショーなどのイベントも。会場から徒歩1分の場所に有料の託児所も用意する。「無職の人は結婚や子どもを持つことに前向きな展望を描きづらいが、母親世代と交流することで未来へのヒントを得られるようなイベントにできれば」(岩井さん)。

 岩井さんは「無職の人に対する偏見をなくしたい。子どもを持つお母さんや働いている方の参加も大歓迎。相互理解を促進したい」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は12時~22時。出入り自由。会費500円(ソフトドリンク飲み放題付き)。詳細はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?