食べる

老舗キューバ料理店「ボデギータ」、下北沢に移転-30年前からモヒート提供

同店の内観。ステージが客席から近く、イベント時には南米のラテン音楽を間近で楽しめる

同店の内観。ステージが客席から近く、イベント時には南米のラテン音楽を間近で楽しめる

  •  
  •  

 下北沢南口に11月10日、キューバ料理店「Bodeguita(ボデギータ)」(世田谷区代沢5、TEL 03-5432-9785)がオープンした。

 今年で30周年を迎えるの同店。もともとは恵比寿でオープンし、その後銀座で「名店」と呼ばれるまでに成長。さらに築地へと移転したが、今回下北沢へ移転することとなった。下北沢を選んだ理由について、店長の清野春香さんは「新しいチャレンジがしたかった。下北沢は若い人の多い街。キューバの底抜けの明るさを今の若い人たちに伝えたい」と話す。店舗面積は15坪。席数は、テーブル24席、カウンター10席。

[広告]

 同店が「名店」と呼ばれるようになったきっかけは、30年前の日本でモヒートが飲める数少ない店だったこと。「受け入れられるかどうか不安に思いながら店に出したが、お客さんからの評判は上々だった」(清野さん)。その後「珍しいカクテル・モヒートの飲める店として話題になった」という。

 メニューはキューバの伝統的な家庭料理が並ぶ。甘みの少ないサツマイモのような味のキャッサバを使った「キャッサバ芋のフライ」(700円)や、豚そぼろご飯と黒豆のシチュー、さくさくした芋のような食感のフライドグリーンバナナが入った「キューバ定番飯」(1,000円)など。ドリンクはモヒートクラシコやキューバビールのブカネロ、フローズンダイキリ(以上700円)など。

 客層は20~50代と幅広い。「カウンターもあるので女性の方も気軽に立ち寄ってもらえるのでは」と清野さん。「南米の音楽や文化をより若い人たちに伝えられる店にできたら」とも。

 営業時間は17時~翌1時(土曜・日曜は~不定)。月曜定休。不定期でラテン音楽の生演奏イベントも開く。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?