見る・遊ぶ

下北沢で岸田國士戯曲賞受賞作家の新作公演-劇団「はえぎわ」

前回公演「○○トアル風景」の舞台写真

前回公演「○○トアル風景」の舞台写真

  •  
  •  

 下北沢南口の「ザ・スズナリ」(世田谷区北沢1、TEL 03-3469-0511)で5月17日~23日、劇団「はえぎわ」の第24回公演「I'm (w)here」が行われる。

 同劇団は、1999年に主宰のノゾエ征爾さん、井内ミワクさんらを中心に活動を始め、2001年に劇団化。前回公演「○○トアル風景」でノゾエさんが第56回岸田國士戯曲賞を受賞した。

[広告]

 同公演は、自分がいる「居場所」について考察する物語。見どころについて、ノゾエさんは「チョークと、描ける壁を使った演劇を2作品連続で作って来た。今回は、物語はより濃密に、セットはシンプルに。身体と言葉でどこまで空間を埋めていけるかという新境地に挑戦する」と話す。受賞後初作品となることについては、「初めて見に来てくださる方もいるかと思うが、これまでと同様に、今面白いと思うものを恐れずに模索し続けたい。今までで一番面白い作品を作りたい」とも。

 開演時間は劇団の公式サイトで確認できる。入場料は、自由席(前売り=3,300円、当日=3,600円)、指定席(前売り=3,500円、当日=3,800円)。チケットは劇団の公式サイトで発売中。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?