食べる

下北沢に創作アジア料理新店-国際結婚の夫婦が開く、ライブスペースも

オーナーの渡邊さん(左)とディヨンディさん(右)

オーナーの渡邊さん(左)とディヨンディさん(右)

  •  

 下北沢南口に6月11日、創作アジア料理店「shiva(シヴァ)」(世田谷区北沢2、TEL 03-5453-6039)がオープンした。

ボリューム満点の「チャクラ定食」

 アジアの創作料理を提供し、ライブスペースも設ける同店。元エスニック雑貨店経営の渡邊なおみさんと、下北沢でインド楽器・タブラの教室を運営するインド出身のディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディさんが夫婦で開いた。渡邊さんが調理を担当。ディヨンディさんは、国内の野外音楽フェスティバルに出演するなど、音楽家としての活動を生かしてライブスペースをプロデュースする。店舗面積は24坪。席数はテーブル、カウンター含め25席。

[広告]

 メニューは、豆を使った「ダールカレー」と、旬の食材を使った日替わりの各種プレート、サラダ、スープ、ライス、デザートなどがセットになった「チャクラ定食」(1,000円)。アルコール類を含め、各種ドリンクメニュー(300円~)もそろえる。

 「世界の音楽と食べ物に出会える場を提供したい。再開発で変わりゆく街の隙間を埋めるような店になれば」と渡邊さん。

 ライブスペースでは今後、さまざまな音楽家を招いたセッションライブや、ヨガダンサー、ベリーダンサーなどを招いたイベントを開催予定。一般客のライブ利用も相談に応じる。営業時間は11時~23時。水曜定休。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?