天気予報

12

3

みん経トピックス

ジョビジョバ人気作、再演下北沢に創作アジア料理店

下北沢のバーでイラスト展-米西海岸の風景モチーフに女性作家描く

  • 0
下北沢のバーでイラスト展-米西海岸の風景モチーフに女性作家描く

壁一面に作品を展示。バーカウンターでは、缶バッジなどの物販も行う

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢南口の「バーラストチャンス」(世田谷区代沢4、TEL 03-3795-5292)で現在、イラスト展「SIGNS KAHOKO SODEYAMA EXHIBITION(サインカホコソデヤマエキシビジョン)」が行われている。

 展示するのは、イラストレーターそで山かほこさんの作品。かつて訪れたカリフォルニアに魅了され、アメリカ西海岸で見かけるという看板や風景をモチーフにした作品を制作している。イラストは、ベニヤ板をくり抜き、アクリル絵の具を載せて描く。「原色をそのまま使わず、白など色を混ぜてから使うことで、アメリカ西海岸の田舎のゆるーい空気感を出すようにしている」とそで山さん。

 同店では2006年ごろから月替わりで、写真家や画家、イラストレーターらによる作品展を行っている。きっかけは「店に色気がなかったから」と店主の多勢健一さん。「基本的に、そで山さんのようなプロの作家さんの作品を置いてもらうようにしている。アーティストは知り合いや一度展示した作家さんからご紹介いただいた方のみ」とも。展示予約は2年半先まで埋まっているという。ギャラリースペースは店内の壁面の横幅6.66メートル、高さ1.9メートルで、展示料は無料。入り口側の側面も貸し出し、展示物も販売する。

 今回の展示についてそで山さんは、「ギャラリーと違って、コミュニケーションが密なバーで展示するのは新鮮」と話す。多勢さんは「いいものを見るとお酒が進むもの。アートにあまり興味がない人にも楽しんでもらえるはず」と話す。

 営業時間は19時~翌5時。木曜定休。7月からは、イラストレーターのヤス・タグチータさんの展示が始まる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

スタンプラリーのスマホアプリ
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング