食べる

下北沢に「DELI CAFE23」-総菜選び「自分だけの定食」を作る楽しさ提供

フロアを担当するのは、店主・齋藤ふたみさんの長女

フロアを担当するのは、店主・齋藤ふたみさんの長女

  •  
  •  

 下北沢北口に3月23日、カフェ「DELI CAFE(デリカフェ)23」(世田谷区北沢2、TEL 03-6796-2523)がオープンした。

同店で提供する「デリセット」(980円)

 同店では日替わり総菜から自分の好きなものを選んで定食にできる。店主の齋藤ふたみさんは「デリを提供するスタイルにしたのは私自身が好きだから」と話す。店舗面積は11坪。カウンター5席、テーブル8席。最大で約20人分の席を設けることもできる広さだが、「自分が客として来店する際、居心地がいいと思える席数にこだわった」という。

[広告]

 齋藤さんは専業主婦歴20年。以前からカフェや料理が好きで、「いつか自分でやってみたい」という思いを抱いていたという。その後、カフェや京懐石の和食店、ダイニングバーなどに勤務しながら調理師免許を取得し、6年の準備期間を経て同店を開いた。オープンにあたり、キッチンは飲食関連のコミュニティーで知り合った加藤真之さんが担当。「作りたい店が同じだった」といい、共同経営という形で営業する。

 メニューは、メーンデリ1品、サイドデリ2品、ライス、スープがセットになった「デリセット」(980円)。サイドデリを1品追加することもできる(1,200円)。メーンデリは、「エビとホタテのアヒージョ」や「ローストハーブチキン」、「ポークの粒マスタード」など、サイドデリは「エビとアボカドのメキシカンサラダ」、「ジャーマンポテト」「スパニッシュオムレツ」などを日替わりで各3~4種用意する。ドリンクは「100%ハワイKONAコーヒー」(650円)や「23ブレンドコーヒー」(450円)、「マサラチャイ」(500円)など。「フレンチトースト」(650円)などのデザートメニューも。テークアウト(メーン1品、サイドデリ2品、ライス)も可能(600円)。

 コンセプトは「安心で飽きない家庭の味」。店名にある「23」の由来は、同店のフロアを担当する齋藤さんの長女が23歳であることも理由の一つ。「娘と一緒に働けることがうれしい。みんなの『食べたい』に応えられる、おうちの食卓を目指したい」とも。

 営業時間は12時~20時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?