暮らす・働く

下北沢で「カレーフェス」開催迫る-フェイスブックで看板娘・看板息子コンテストも

下北沢近辺に留まらず、電車に乗ってイベント告知に向かう「カレーまん」たち

下北沢近辺に留まらず、電車に乗ってイベント告知に向かう「カレーまん」たち

  •  
  •  

 下北沢で10月10日~10月19日に開催される「下北沢カレーフェスティバル2014」まであと2週間となった。

 主催は下北沢東会(あずま通り商店街)。3度目の開催となる今年は、史上最多となる104店舗の参加が決定。カレー専門店だけでなく、カフェやバーもこれまで参加していたが、今年はさらにラーメン店「熱血スタミナタンメン五郎ちゃん」(北沢2)やスーパー「foodium 下北沢」(同)、そば店「廣榮屋」(北沢3)も参加する。 

[広告]

 開催初日となる10月10日には、「ARENA下北沢」(世田谷区北沢2)で「下北沢カレーフェスティバル2014開会式」を実施。マスコットキャラクターである「カレーまん」をはじめ、放送タレントの松尾貴史さんや保坂展人区長、明治学院大学教授の服部圭郎さん、THEラブ人間の金田康平さん、カレー研究家のスパイシー丸山さん、地下アイドルの姫乃たまさんなどのゲストが、カレーと下北沢についてのパネルディスカッションや、音楽ライブで開会を盛り上げる。

 今年初の試みとして、9月24日~10月3日まで、参加店の看板娘・看板息子コンテストを開催。フェイスブックページで投票することができる。このほか、イベント期間中の13時から18時は、下北沢のバー「Gijido(ギジドー)」(北沢1)を「カレーまんの家」として臨時オープン。イベント案内所として「カレーまん」らスタッフがスタンバイし、「おすすめの店」の案内などを行う。

 運営を務める地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」の阿部達哉さんは「下北沢にはカレー専門店が20店近くありますが、それ以外の業態の店が80店も出店する祭りになったことがうれしい。このイベントをきっかけに普段は入らないような店を楽しんでもらって、そこから下北沢を好きになってもらいたい」と話す。

 開会式は18時30分開場、19時開演。チケットは1,500円。ホームページで予約できる。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?