買う

下北沢に古着・雑貨店「アメリカンリユース」 ファイヤーキングの雑貨も

店内入り口に立つオーナーの上野拓麻さん

店内入り口に立つオーナーの上野拓麻さん

  •  
  •  

 下北沢南口に7月1日、アメリカの古着や雑貨を扱う「アメリカンリユース下北沢」(世田谷区北沢2、TEL 050-7120-1048)がオープンした。

店内に並ぶファイヤーキング

 店舗面積は約4坪。オーナーの上野拓麻さんは、10代のころから下北沢に住んでおり、街に愛着があったという。「自分の好きなものを置いてのんびりやりたかったから、あえて表通りに面していない場所に店を構えた」とも。

[広告]

 出店のきっかけは、耐熱ミルクガラスでできたファイヤーキングの食器。「アメリカに行ったときにファイヤーキングのマグカップにハマり、200個ほど集めていた。あまりにもコレクションが多くなったので、それならば雑貨店を開いてみようと思った」という。普段は飲食店で働く傍ら、店頭に立つ。

 古着は年代物のアメリカブランドなど、全て一点物。Tシャツは500円から、平均の価格帯は1,000円。雑貨はファイヤーキングのほか、トートバッグやミリタリー雑貨などをそろえる。客から要望があった商品を買い付けることも。主な客層は10~20代の男女のほか、外国人観光客も。

 営業時間は13時~20時。 

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?