大手ペットショップが下北沢に猫カフェ 「自撮棒」やiPadのレンタルも

店内で遊ぶ猫

店内で遊ぶ猫

  •  
  •  

 下北沢北口に8月29日、猫カフェ「空陸家」(世田谷区北沢2、TEL 03-6407-8395)がオープンした。

くつろぐ長毛種

 店舗面積は約9坪。定員は10人。経営はペット販売事業を展開するCoo&RIKU。84店舗目となるペットショップの下北沢進出に合わせて、同店の2階に猫カフェをオープンした。猫カフェ店舗としては沖縄、大阪などに続き4店舗目。

[広告]

 同社はもともと全国規模で生態販売事業を展開していたが、課題であるリピーター客を確保するため猫カフェ事業にも取り組む。猫カフェに「勤務」する猫の一部は、ペットとして購入することが可能。この取り組みについて、営業ブロック長の菅沼麻由希さんは「猫カフェで仲良くなった猫がいれば、そのまま購入していただき、家に連れて帰ることもできる。ペットショップ事業でのノウハウを生かし、人に慣れた猫になるよう管理している」と話す。オープンから現在までの間に、3匹の猫が猫カフェで購入されたという。

 料金システムは1時間=1,296円。15分ごとに324円の延長料金が発生する。ドリンク、Wi-fi、電源は全て無料。レンタル商品はiPad(756円)、「自撮棒」(162円)、携帯充電器(108円)、特撮レンズ(108円)。このほか猫用のおやつ(162円~)やインスタントの軽食(378円)などがある。

 今後の店づくりについて、菅沼さんは「下北沢は買い物をする人が多いので、合間にホッと一息つける場所にしていきたい。ペットショップは価格が高いと思われがちだが、猫カフェによって来店の敷居を下げられれば」と話す。

 営業時間は11時~20時(土曜・日曜・祝日は10時~)。常時10匹以上の猫がいるが、種類などは状況によって随時変化する。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?