食べる

下北沢の武蔵野うどん専門店「とこ井」 夜限定で立ち飲み営業

外観の様子。「夜はライトを点灯しちょうちんも下げているので、日中のうどん店とは雰囲気も違う」と店主の床井さん

外観の様子。「夜はライトを点灯しちょうちんも下げているので、日中のうどん店とは雰囲気も違う」と店主の床井さん

  •  

 下北沢北口の武蔵野うどん専門店「とこ井 下北沢店」(世田谷区北沢2、TEL 03-6804-9189)が9月16日から(確認中)、「STAND BAR TOKOI(スタンドバートコイ)」として夜限定で立ち飲み営業を始めた。

 「うどんと一緒にお酒を提供する店も多いので、以前からやってみたいと思っていた」と店主の床井英昭さん。「メニューにあるうどんが目当てというよりも、1・2杯飲んで帰る方も。純粋に立ち飲み屋として利用される場合も多い」という。

[広告]

 メニューは、自家製薫製チーズ(250円)、特製牛すじ煮込み(500円)などのほか、盛岡じゃじゃ麺(700円、10月中は特別価格で500円)も。ドリンクは「モルツ生」(400円)、「角ハイボール」(280円)など。

 「立ち飲みならではの気軽に飲める点を生かし、気軽に来られる店を目指している。これからは貸し切りでの営業にもチャレンジしてみたいので、打ち上げとしても利用してもらえれば」と話す。

 営業時間は18時~翌2時。日曜定休。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?