見る・遊ぶ

「下北沢GARDEN」閉店へ 池尻に移転、配信ライブ中心に営業

「下北沢GARDEN」内観1

「下北沢GARDEN」内観1

  • 19

  •  

 下北沢のライブハウス「下北沢GARDEN」(世田谷区北沢2)が10月18日、閉店する。

「下北沢GARDEN」内観2

 2009(平成21)年にオープンした同店。最大収容人数は500人で、下北沢エリア最大規模の大型ライブハウス。同ライブハウスを2011(平成23)年から運営するRAWTIC(ロウティック)社長の井上哲央さんは「テナント権利者と事業継続のための交渉が成立せず、閉店を決めた。もともと抱えていた問題がコロナウイルスの影響で顕在化した」と話す。

[広告]

 19日以降に公演が決定しているイベントは、会場の振替などで対応する。

 25日からは、「GARDEN 三宿BRANCH(仮)」として、国立音楽院(世田谷区池尻 3)の地下ライブスペースへ移転する。当面は、配信でのライブを中心に営業する予定。「ライブ配信は有客ライブの代替えではなく、新しいメディアとしてさまざまな可能性がある。これまでになかった新しい表現の場を作っていきたい」と井上さん。

 井上さんは、10年間を振り返り「これまで多くの方に支えられて10年の間やってきた。ご来場いただいたお客さま、アーティストの皆さま、関係者各位には心から感謝している。閉店に伴い、各所からさまざまな温かいメッセージを頂き、改めて多くの方のご支援を頂いていたことを実感した。われわれとしてもこのタイミングでの撤退は本当に残念な思い。形は変わるが、音楽の灯を絶やさぬよう、そしてアーティストとファンの皆さまがつながれる場所を今後も作っていく。新しいGARDENの展開を見守っていただければ」と呼び掛ける。

Stay at Home

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?