下北沢にレストラン&バー-ショップ店員の不規則なランチ需要にも対応

店内に設置された42インチモニターでは、映画やスポーツ中継などを流す

店内に設置された42インチモニターでは、映画やスポーツ中継などを流す

  •  
  •  

 下北沢南口に昨年12月1日、レストラン&バー「es(エス)」(世田谷区北沢2、TEL 03-3460-0181)がオープンした。

 店舗面積は19坪、席数は30席。店内にはたるを2つ置き、立ち飲みスペースも設けた。同所は以前バーがあった場所。内装は以前の雰囲気を生かし、白と黒、木目調でまとめた。店名は、オーナーの谷貴史さんがカナダに在住していた際に常連だった飲食店「end&start」の頭文字を取った。「1日の終わりと1日の始まりを両方この場で迎えられるような、『第2の家』として使ってほしい」という思いが込められているという。

[広告]

 客層は下北沢で働く美容師や販売員、バーテンダーなどが多いという。ランチを食べに訪れるショップ店員などの昼休みが不規則なことを視野に入れ、ランチタイムを12時~17時と長く設けた。週替わりのサラダ・ドリンク付きのランチメニューは「プレートセット」(600円)など4種類。メニューは「ボリュームがあり、低価格の創作料理」(谷さん)をコンセプトに現在約30種類を提供するが、今後「お客様の意見を取り入れながら40種類ぐらいまでは増やしたい」と話す。

 ドリンクメニューはドラフトビール5種(390円~)、瓶ビール18種(400円~)をメーンに、アルコールからソフトドリンクまで提供。このほか手作りのデザートも。

 谷さんは「店側がウリにしたいところを押し出すのではなく、お客様が求めることに対して可能な限り対応していきたい。サービスを第一に、スタッフの努力で温かい店作りをしている」と笑顔で語る。

 営業時間は12時~翌5時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?