天気予報

29

20

みん経トピックス

親子向けの「癒やしカフェ」1日限定「メガネ喫茶」

下北沢で1日限定「メガネ男子喫茶」-「メガネスマイル」サービスも

  • 0
下北沢で1日限定「メガネ男子喫茶」-「メガネスマイル」サービスも

5月31日に1日限定オープンする「メガネ喫茶」。今回は、新たに編成した20~40代までの眼鏡をかけた男性7人が店員として参加する

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢北口のカフェ「slow comedy factory(スローコメディー・ファクトリー、通称スロコメ)」(世田谷区北沢3、TEL 03-6751-3426)で5月31日、「メガネ喫茶in下北沢」が行われる。

 同イベントは、眼鏡をかけた男性店員が料理やドリンクで来店客をもてなすもの。1回目は2006年に名古屋で開催し、当時の「メガネ男子」ブームの影響もあり長蛇の列ができたという。2回目となる今回の開催経緯について、実行委員のゆずるさんは「もう一人の実行委員であるバンビと、もう一度『メガネ喫茶』をやりたいという話をしたのがきっかけ。バンビがスロコメのオーナー、須田泰成さんと知り合いだったことから、話がスムーズに進んだ」と話す。

 当日は、20~40代の眼鏡をかけた男性店員7人がスタンバイ。「メガネスマイル」や、来店客の眼鏡をキレイにする「メガネクリーン」などのサービスを行う。

 フードメニューは3種類の「セットメニュー」(1,200円~)などを提供。この中には、3月に同店隣にオープンしたカレー店「般゜若(パンニャ)」の協力による当日限定カレー「メガネーズ」も。「セットメニュー」の注文客には、持参のカメラで好きな男性店員と一緒に撮影をすることもできる。

 ゆずるさんは「1回目は、お客様とスタッフが会話をする機会があまりないように感じた。今回はお客様が料理を食べながら、スタッフとのコミュニケーションも楽しめるように配慮したい。下北沢の人たちに、『メガネ男子』の独特な空間を楽しんでもらえれば」と話す。

 営業時間は12時~18時。入場無料(オーダーが必要)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ファッションアイテムは、数十種類用意。人形のアレンジも楽しめる
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング