下北沢にクレープ専門店-福井の移動販売会社が東京初出店

通りがかりに立ち寄る女性一人客の姿も多い

通りがかりに立ち寄る女性一人客の姿も多い

  •  
  •  

 下北沢西口に2月1日、クレープ店「POP(ポップ)」(世田谷区北沢2)がオープンした。

 同店を運営するのはポップコーポレーション(福井県福井市)。以前より福井県や大阪府、滋賀県などの北陸・関西地方を中心に移動販売車両でのクレープ販売を行っている。店舗を構えるのは、本店(福井県福井市)に続く2店舗目。移動販売車について東京から問い合わせが多かったことにより、都内での出店を決めたという。下北沢を出店場所に選んだ理由について、オーナーの大谷泰次さんは「若者が多い街だから」と話す。今後、都内でも移動販売車両の導入を考えているという。

[広告]

 店舗面積は約7坪。クレープは44種類。「やわらかい生地と、甘すぎないクリームが特徴」(大谷さん)だという。生クリームはオリジナルのレシピで生産したものを使用。一番の「人気メニュー」は「イチゴチョコミルフィーユカスタード生クリーム」(600円)。すべてメニューは、生クリームの量を「たっぷり」「ふつう」「少なめ」から選ぶことができる(料金は一律)。クレープの価格は350円~600円。テークアウトのみ。1日あたり、200~300人程度の利用を見込んでいるという。

 大谷さんは「下北沢に住んでいる人や働いている人など、地域の方にも足を運んでもらっている」と笑顔をみせる。

 営業時間は12時~21時ごろ。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?