下北沢にアーティスト専用撮影スタジオ-昼間のバーを使い営業

撮影スタジオのセットに立つ堀清英さん

撮影スタジオのセットに立つ堀清英さん

  •  
  •  

 下北沢南口のダイニングバー「DUKE Capo(デューク・カポ)」(世田谷区北沢2、TEL 090-2537-5381)内に、アーティスト専用の撮影スタジオ「HEAD SHOT(ヘッド・ショット)」がオープンした。

 アーティストの宣材写真やオーディション用のプロフィール写真などの撮影に使う同スタジオ。運営と撮影を担当するのはフォトグラファーの堀清英さん。堀さんはこれまで歌手やタレントのCDジャケットや広告を手がけてきた。オノ・ヨーコさんや「YMO」の高橋幸宏さん、藤井フミヤさん、元ちとせさんなどの著名人を撮影した経験も。価格は6,900円~。撮影時間は1人あたり約30分~。

[広告]

 堀さんは、同店オーナーの安東潤さんと20年以上前からの知り合い。撮影スタジオを始めたきっかけは、安東さんから「空いている平日の昼間を使って店で何かできないか」と提案を受けたことだったという。堀さんは以前ニューヨークに住んでいたことがあり、アーティストを対象にした撮影スタジオを開いていた。「下北沢は俳優やバンドマンが多く集まる街。彼らを応援する意味を込めて、もう一度スタジオを開きたいと思った」と話す。要望があれば、オーディション内容を聞いた上で撮影内容や構図の提案も行う。

 オープン以来、舞台のオーディションを控えた俳優志望者やバンドマンが訪れているという。中には「全身の入れ墨アートを撮ってほしいという人もいた」と堀さん。

 今後について、堀さんは「写真を中心にいろんな人が集まり、情報交換ができる場所を目指したいと思っている。場所がバーなので撮影内容はバストアップに限られるが、できる限り要望に応えるので相談してもらえれば」と話す。

 営業時間は水曜・土曜の11時~16時30分。要予約。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?