「下北沢インディーファンクラブ」開催迫る-アーティスト100組超が参加

同イベントの雰囲気をイメージしたイラスト

同イベントの雰囲気をイメージしたイラスト

  •  
  •  

 下北沢エリアのライブハウスで6月26日、音楽イベント「Shimokitazawa Indie Fanclub(シモキタザワ・インディー・ファンクラブ)」が開催される。

 同イベントの開催は2回目。1回目の昨年は計8会場で約2,400人を動員した。今年の会場は、「下北沢CLUB Que」(世田谷区北沢2)、「下北沢SHELTER」(同)、「新代田FEVER」(羽根木1)など計15店舗。フリーパスチケットを入手すれば、それぞれの店舗を自由に行き来しながら音楽を楽しむことができる。

[広告]

 出演アーティストは、「SAKEROCK」「曽我部恵一BAND」「キセル」「YOUR SONG IS GOOD」「踊ってばかりの国」「前野健太」「東京カランコロン」など計100組以上。

 今年の開催について、主催するインディーズレーベル「カクバリズム」の角張渉さんと、「ギャラクティック」の長崎貴将さんは公式サイト上で、「先の見えにくい日々だが、下北沢インディーファンクラブとして昨年の反省も活かし生かし、より良いイベントにしていきたい。(中略)下北沢が元気じゃないと。(後略)」と連名でコメント。収益の一部を東日本大震災の支援に充てることなどを表明している。

 チケットは前売りのみ4,500円。各会場の店頭販売分は完売しているが、6月18日から各種プレイガイドで若干数の追加チケットを発売している。タイムテーブルは公式サイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?