食べる 見る・遊ぶ

下北沢にギャラリー&ラテアートに特化したカフェ-絵柄はリクエストに応える

ラテアートを提供する藤宮さん

ラテアートを提供する藤宮さん

  • 0

  •  

 下北沢北口に6月9日、ギャラリー&カフェ「BALLOND'ESSAI(バロンデッセ)」(世田谷区北沢2、TEL 03-6407-0511)がオープンした。

同店の内観。カウンターは気球の形をイメージした

 白壁のギャラリースペースと、ラテアートに特化したカフェから成る同店の店舗面積は約10坪。コンセプトは「アートに集まる人のプラットフォーム」。奥行きのある店内の手前にカフェスペースがあり、壁一面と店内奥をギャラリースペースとして作品を展示する。

[広告]

 カフェスペースでは、イタリアンバール「セガフレード・ザネッティ 下北沢店」(北沢2)で11年間バリスタとして働いていた、店長の藤宮晋さんが腕を振るう。メニューは、「カフェラテ」(Sサイズ=390円)、「エスプレッソ」(190円)、「マキアート」(280円)など。豆は有名店「小川珈琲」や「丸山珈琲」、「マキネスティ」などから、厳選したスペシャルティコーヒーを取り寄せ、エスプレッソマシンは「ジャパン ラテアート チャンピオンシップ (JLAC)」公認の「ダラコルテ」を使う。デザートは、バニラにエスプレッソをかけた「アフォガート」(390円)など。「ラテアートの絵柄はリクエストに応える。その日のものを気に入ってもらえなければ、次回来店時までに完璧にして提供したい」という。

 オーナーの久保寺さんはデザイン会社勤務で、藤宮さんとは10年来の友人。5年ほど前から出店について話し合っていたという。「従来のギャラリーはレンタル料金が高い。美大生や若手芸術家などが気軽に作品発表をできる場や、アートやカフェをきっかけにさまざまな人が交流する場を作りたかった」と久保寺さんは話す。「下北沢は古い建物がどんどんなくなっている。活性化の意味も込めて、下北沢らしい景観が多い北口で店を開きたかった」とも。

 営業時間は9時30分~20時。「材料が無くなり次第、店を閉める場合もある」と藤宮さん。オープンキャンペーン中は、メニューの価格を下げて提供している。ギャラリースペースは1週間単位で貸し出しており、ラテアートや写真撮影などのワークショップも展開する予定。料金はホームページで確認できる。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース