食べる 暮らす・働く

下北沢のウェブ制作会社が「ツンデレ発泡酒」開発-土の香イチゴ使う

ほんのりイチゴ色をした「エイミー」。パッケージは茨城県の形が模されている

ほんのりイチゴ色をした「エイミー」。パッケージは茨城県の形が模されている

  • 0

  •  

 ウェブコンサルティングなどを行うスマートデザインアソシエーション(世田谷区北沢2)が開発したイチゴの香りがする発泡酒「Amy(エイミー)」が3月下旬から、下北沢のバー「ベンハムのコマ」(北沢3、TEL 03-6407-8377)で提供されている。

 同社は、下北沢の産地直送野菜の物販イベント「ママンカ市場」を運営するなど、地域や農家と連携した取り組みを行うウェブ制作会社。ママンカ市場担当の小出麻子さんは、エイミー開発のきっかけについて、「農家の方は一年中働いているのに、収入が得られるのは農作物を出荷する時期だけ。不安定な収入を、農作物の加工品で補えないかという思いがあった」と話す。

[広告]

 使用するイチゴは、茨城県水戸市のイチゴ農家・八木岡岳暁さんが作る「土の香(とのか)イチゴ」。「甘みが濃厚な土の香イチゴを25%も使っているので、イチゴの香りだけでなく味も強いのが特徴。他社の類似商品にも負けない味になったと自負している」と小出さん。同商品のパッケージデザインもママンカ市場が担当。キャッチコピーは「ツンデレ発泡酒」だが、これは「すっきりした甘さから芯の強い女性のイメージした」という。

 昨年12月に生産した500本は茨城の市場や茨城のアンテナショップで限定販売し、3カ月ほどで完売。追加生産を行い、3月下旬からは「ベンハムのコマ」で1,200円で提供しているほか、5月上旬からはママンカ市場のサイトでも通信販売を始める。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース