見る・遊ぶ 買う

ジェーン・スーさん、下北沢で「わたプロ」読書会-独身男女50人集まる

共感する項目1位のページを読むジェーン・スーさん。参加者たちは大きくうなずいたり、笑い声をあげながらイベントを楽しんでいた

共感する項目1位のページを読むジェーン・スーさん。参加者たちは大きくうなずいたり、笑い声をあげながらイベントを楽しんでいた

  •  
  •  

 下北沢南口の「本屋B&B」(世田谷区北沢2、TEL 03-6450-8272)で11月13日、「ジェーン・スー 『わたプロ』読書会~みんなで読むにはそこそこの理由があってだな~」が開催された。

著書を持つジェーン・スーさん

 作詞家でラジオパーソナリティーであるジェーン・スーさんの著書「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」(ポプラ社)を、参加者と意見交換しながら読み解く同イベント。同書は、これまでジェーンさんが独身女性の友人たちと書きためた「なぜプロポーズされないのか」についての101項目を解説付きで本にまとめた。

[広告]

 ジェーンさんはイベント序盤で、「この本は結婚を推奨しているわけではない。状況が分かれば態度を決められる、というのが私の信条。この本で自分の状況を知ってもらい、態度を改めようと思う方は反面教師にしていただき、腹をくくって未婚のプロになる方はようこそこちらへ」と参加者へ語りかけた。

 会場には20~40代の男女約50人が集まり、そのほとんどが独身。参加者は事前アンケートで著書内の「共感した項目」を記入。その結果、3位は「友達から『とても結婚願望があるように見えない』と言われる。あなたが」、2位は「まだ本気出してないだけで、本気出せばどうにかなると思っている」、1位は「病めるときも健やかなるときも、バカ笑いができる女友達に囲まれている」となった。発表と同時にジェーンさんが「あーあ、やっぱり皆、結婚する気ないんじゃん」と感想を漏らすと、会場からは笑い声が起こった。

 ジェーンさんは、こうしたプロポーズされない女性たちの特徴を挙げつつも、「現代は女性の社会進出が進んでいるが、女は結婚したら幸せという昔ながらの価値観も残っており、この2つの間で悩んでいる人も多いのでは。結婚できない原因を自分の中に探すのは悪いことではないが、その原因が自分以外にある場合も。女性たちは自責しすぎず、しっかり自分の状況を知り、せっかく独身なのだから楽しんで」とも。

 イベント中は参加者自身のエピソードや意見を聞くなどし、具体的な悩み相談に発展する場面も。「今後も、皆さんと話し合える読書会を定期的に開催していきたい」と会を締めくくった。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?