見る・遊ぶ 買う

下北沢にTシャツ専門店「ショップ ヨンポ」-漫画家のデザインを使用

店内の様子。左から、カネコアツシさん、寺田克也さん、朝倉世界一さんのイラストが入ったTシャツ

店内の様子。左から、カネコアツシさん、寺田克也さん、朝倉世界一さんのイラストが入ったTシャツ

  •  
  •  

 下北沢南口に3月14日、主に漫画家がデザインを手掛けるTシャツ専門店「SHOP yonpo(ショップ ヨンポ)」(世田谷区北沢2、TEL 070-5576-3680)がオープンした。

売れ筋Tシャツは?

 店舗面積は約5坪。店主の玉井めぐみさんは、2007年にオンラインのTシャツ専門店「yonpo」を始めた。ネット上で販売するほか、「タコシェ」(中野区)や「ヴィレッジヴァンガード」各店で委託販売を行っている。もともと実店舗を出店したいという思いがあり、同店をオープン。下北沢に出店した理由は「客層であるサブカル好きな人が多い印象があるから」という。

[広告]

 コンセプトは「お気に入りを着ていつもより遠くへ」。漫画雑誌「コミックビーム」(エンターブレイン)の編集長の紹介で知り合ったというカネコアツシさん、寺田克也さん、朝倉世界一さんなど漫画家20人のイラストを使用したTシャツを販売する。そのほか、ベーシストのTOKIEさんなどのアーティストがデザインしたTシャツも。価格は1枚3,150円。サイズはレディースM、メンズS、M、L。

 Tシャツ以外では、「パーカ」(6,800円)、「HOASHIYUSUKE ピアス」(7,000円)、「SYYNO ネックレス」(18,000円)などのアクセサリーや漫画単行本、CDなどをそろえる。「漫画家のファンが多く来店している。今後は漫画家のサイン会や1日店長などのイベント、Tシャツ作りのワークショップなどを行いたい」と玉井さん。

 現在、開店を記念し、Tシャツを購入した人に各漫画家のサイン色紙を数量限定でプレゼントするキャンペーンを行っている。オープン初日の開店時には約15人が並んだという。そのほか、丸尾末広さんが夢野久作の同名小説を漫画化した「瓶詰めの地獄」(エンターブレイン)のワンシーンを使った「シルクスクリーンポスター」(2万1,000円)も販売。丸尾さんの直筆サインとナンバリング付き。

 営業時間は11時~20時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?