食べる

下北沢に東京初進出のポップコーン専門店-フレーバーは6種類

黄色い看板が目印。フレーバーを実際に見比べることができる

黄色い看板が目印。フレーバーを実際に見比べることができる

  •  
  •  

 下北沢南口に9月23日、ポップコーン店「Clap your hands(クラップユアハンズ)」(世田谷区北沢2、TEL 03-3413-0670)がオープンした。

パッケージは3種類。それぞれ2サイズから選ぶ

 店舗面積は約4坪で、テークアウトのみ。広島を中心にこれまで全国に7店舗を展開。8店舗目となる下北沢店は東京初出店となる。運営会社であるネオプロモーション(目黒区)の常務取締役、藤田秀彰さんは下北沢を選んだ理由について、「街が持っているファッション性に着目した。商店街にも活気があり、東京でスイーツポップコーンを広めて行くのに最適な場所だと考えた」と話す。

[広告]

 オイルを使わずに熱風ではじけさせる「エアポップ製法」と、新潟県産の佐渡バターをはじめとした国産原料にこだわる同店。フレーバーはイタリアンシェフの小林秀晃さんが開発を手がけ、「カラフルなポップコーン」という新しいスタイルを提案する。見た目を楽しむため、カップは透明なデザインを採用した。

 フレーバーは「チェダー&キャラメルMIX」「焦がしバター」(以上、300円~)、「塩キャラメル」(350円~)など6種類。季節ごとに期間限定のフレーバーも展開する。パッケージは「Cup(S、L)」、「Bag(M、L)」、「Tin(S、M)」から選ぶことができ、CupのLサイズのみ、2種類のフレーバーを選択できる。10月6日からは秋冬限定の「マロングラッセ」がスタートする。

 藤田さんは「昼過ぎはもちろん、閉店間際も帰宅途中のお客さんでにぎわっている。客層は若い方を中心に、家族連れ、OLの方が多いが、まずはいろんな人に食べてもらって、いずれは街中の人がこのポップコーンを持って歩いているようにしたい。下北沢に来たらポップコーンを食べるという新しい習慣ができれば」と意気込む。 

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?