見る・遊ぶ

下北沢で、劇団「危婦人」の新作舞台「毒花」-主演は小野真弓さん

主演の小野真弓さん

主演の小野真弓さん

  •  
  •  

 下北沢南口の「駅前劇場」(世田谷区北沢2、TEL 03-3414-0019)で1月8日~13日、劇団「危婦人」の本公演「毒花」が行われる。

 同劇団は、1998年に文化女子大学の同級生だった主宰のスギタクミさんと女優のザンヨウコさんが旗揚げ。コンセプトは、「一見普通だがどこかおかしな女たち」。劇場での公演のほか、カフェやバーでの公演活動も行っている。2008年からは個人活動に重点を置きながら活動している。

[広告]

 同公演は、人間の本音を描くミステリー。演出を担当するスギさんは、「外見がどんなに人が良さそうな人でも、腹の中までは分からない。普段は抑えている本音という毒が、外に出てしまった人を描きたい」。主演はタレントの小野真弓さん。

 開演時間は劇場の公式サイトで確認できる。入場料は、舞台囲み席(前売り=4,400円・当日=4,700円)、通常椅子席(前売り=3,900円・当日=4,200円)。チケットは、劇団の公式サイトで販売している。 

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?