食べる

宮坂に和菓子店「まほろ堂蒼月」 一服できる喫茶スペースも

「地域の方々がふらりと立ち寄って会話を楽しめる場所にしていきたい」と山岸さん

「地域の方々がふらりと立ち寄って会話を楽しめる場所にしていきたい」と山岸さん

  •  

 宮の坂に5月3日、和菓子店「まほろ堂蒼月」(世田谷区宮坂1、TEL 03-6320-4898)がオープンした。

店内の喫茶スペース

 店舗面積は14坪(売り場は約5坪)。自由が丘の老舗和菓子店などで18年間修業した店主の山岸史門さんが、自身のアイデアを和菓子作りに生かすため独立し開業した。店内には4席の喫茶スペースを設け、静岡産のお茶をサービスする。

[広告]

 風味を増すために油を使わず少量のバターで焼く「どら焼き」(195円)、青エンドウ豆を使う「青豆大福」(173円)、餅入りの「最中」(141円)、宮崎の農家から直接仕入れた糖度の高いサツマイモを使う「芋ようかん」(216円)などのオリジナル和菓子を販売するほか、事前予約で「赤飯」(1,944円~)も販売する。

 三軒茶屋に生まれ育った山岸さんにとって世田谷線沿線は「幼いころから慣れ親しんだ、落ち着ける場所」という。複数の候補の中から、のんびりと走る電車を眺めて仕事ができる場所を選び出店した。店頭の貼り紙やSNS以外には告知を行わなかったが、オープン早々に地元の高齢者を中心とした行列ができた。

 「宮の坂周辺には商店が少ないということもあり、オープンを喜んでくれるお客さまが多い」。今後は喫茶スペースの席数を増やし、コーヒーや抹茶などドリンクメニューも充実させていく予定という。

 営業時間は9時~19時。月曜定休。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?