見る・遊ぶ

音楽メディア「激ロック」が下北沢に音楽バー 上階のライブハウスと連携

店内バーカウンターに座る、村岡俊介社長

店内バーカウンターに座る、村岡俊介社長

  •  

 下北沢南口に6月5日、バー「Music Bar ROCKAHOLIC -Shimokitazawa-(ミュージックバー ロッカホリック下北沢)」(世田谷区北沢2、TEL 03-5738-7669)がオープンした。

VIPルームの様子

 店舗面積は約27坪。席数はテーブル28席、カウンター17席、VIPルーム15席。経営は音楽ポータルサイト「激ロック」「Skream!」を運営する激ロックエンタテインメント(渋谷区)。渋谷店に続き2店舗目となる。同社の村岡俊介社長は、下北沢でのオープンを決めた理由について、「下北沢は音楽の純度が高い街。経済規模で見れば新宿などでオープンした方が確実だったかもしれないが、この街にはそれ以上の価値があると思った」と話す。

[広告]

 コンセプトは「ロックミュージック」。店内BGMは来場客からの楽曲リクエストを随時受け付けている。オープン日と翌日には、ゲストDJとしてロックバンド「RIZE」のベーシストであり、下北沢南口商店街振興組合の渉外事業部アイコンアーティストを務めるKenKenさんを招き、ファンや地元客たちで賑(にぎ)わった。

 メニューは「スモークサーモンとクリームチーズの生春巻き」「フィッシュ&チップス」(以上600円)、「ロコモコ」(900円)など。ドリンクは「ハイネケン(生)」「焼酎(麦、芋)ロック」(以上700円)、「コーラ」(500円)などを提供。

 「上階のライブハウス『LIVEHOLIC(ライブホリック)』と連動しており、ライブに来た観客は、当店でドリンクやフードを買ってライブを楽しむことができる。ほかのライブハウスにはないドリンクの種類の豊富さも魅力の一つ」と村岡さん。「さみしくなったときや暇になったときにフラッと立ち寄って、音楽とお酒を通じてどんどん共通の友人が増えていくような場所にしたい。地元に根付いてもらえればと思う」とも。

 営業時間は18時~翌5時。イベント情報などはホームページで確認できる。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?