見る・遊ぶ 買う

野外フェス向けの「フェス財布」 下北沢のコワーキングスペースが販売

上段左から、「死後くんモデル」「水野しずモデル」「せきやゆりえモデル」、下段中央が「小山健モデル」

上段左から、「死後くんモデル」「水野しずモデル」「せきやゆりえモデル」、下段中央が「小山健モデル」

  •  

 下北沢南口のコワーキングスペース「BUSHITSU シモキタザワ」(世田谷区北沢2、TEL 03-6413-8868)が7月16日、「フェス財布 WALLIE(ウォーリー)」の販売を始めた。

「フェス財布」を持つ福桝さん

 価格は2,160円。「紙のように薄い」ことが特徴の2つ折り財布で、素材に高密度ポリエチレン不織布のタイベック® を使っているため、雨や汚れに強く、破けにくいという。札入れと小銭やライブチケットを収納できるポケットが2カ所にある。

[広告]

 同店を経営する「部室」(世田谷区)は、マンガや記事を配信するウェブメディア「中2イズム」も運営しており、同商品には「中2イズム」で連載を持つ小山健さん、死後くんさん、せきやゆりえさん、水野しずさんのイラストをあしらう。

 「野外フェスやアウトドアシーンで財布をなくしたり、ぬらして困っていたりする人々に着目し、アクティブでおしゃれな人に合った財布にしたかった」と社長の福桝賢一さん。発売初日に100個を超えるオーダーがあり「予想外の売れ行き」という。

 通常は建築資材として使われているタイベック®をファッション雑貨に加工した事例が少ないことから、加工できる工場を探すことにも苦労した。今後もオリジナル商品を展開する予定。

 営業時間は12時~22時。オンラインショップ「BUSHITSU STORE」でも販売している。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?