食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

下北沢で「秋のイカ祭り」 「復幸」に向け女川町のイカ1000杯用意

「秋のイカ祭り」のポスターの横に立つ実行委員長の山崎千三さん

「秋のイカ祭り」のポスターの横に立つ実行委員長の山崎千三さん

  •  
  •  

 下北沢あずま通り商店街が10月3日、「下北沢 秋のイカ祭り」を開催する。

 2013年3月に始まった同イベントは今回で5回目。会場となる同商店街では宮城県女川町から直送されたイカ1000杯を使い、「バターしょうゆ焼き」「イカ焼きそば」などを販売する。このほか、「女川おでん」「女川汁」「ホタテの浜焼き」も用意。

[広告]

 コンセプトは「下北沢から女川復幸応援」。これまで「復興」という言葉を使っていたが、今回から「復幸」に変更した。その背景について、イベント実行委員長の山崎千三さんは「震災後3回、女川町を視察したが、現地の方々はもう『助けてほしい』とは思っていない。みんな明るく、前を向いている。だからわれわれも支援という形ではなくパートナーとして、女川町がより良い街になるための応援をしようと考えた」と話す。

 10月1日~6日は「女川ポスター展」も開催。北沢タウンホール(世田谷区北沢2)で河北新報社(仙台市)が制作したポスターを展示する。ポスターを集めた書籍「女川ポスター展全集」はイカ祭りで販売。

 「下北沢を通して女川町の現状や魅力を知ってもらい、併せて商店街の売り上げや集客増加につながれば」と山崎さん。

 開催時間は11時~16時30分。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?