食べる

下北沢に炭火焼ダイニング「ゆんたく」 池尻大橋の沖縄料理店が姉妹店

スタッフと肩を組む新里店長(写真中央左)

スタッフと肩を組む新里店長(写真中央左)

  •  

 下北沢南口に10月1日、炭火焼ダイニング「ゆんたく」(世田谷区北沢2、TEL 03-6453-2677)がオープンした。

「大山地鶏のももと胸の盛り合わせ」(900円)

店舗面積は約19坪。席数はカウンター10席、テーブル34席。経営はMYKT(エムワイケーティ)。池尻大橋にある同名の沖縄料理店の姉妹店としてオープンした。店長の新里(しんざと)尚久さんは、開店の理由について「池尻大橋の店は完全に地元に密着して、常連客が数多く足を運んでくれる。下北沢にも地元密着を大切にした店が多いので、同じようにやっていきたい」と話す。

[広告]

 メニューは鳥取県産の大山鶏を使った炭火焼「モモ」「ムネ」(以上、900円)のほか、「鶏のさっと煮」(700円)、「鶏タタキと薬味のさっぱりサラダ」(800円)など。ドリンクは「キリン一番搾り生」「レモンサワー」(以上、500円)、「獺祭」(900円)などを提供する。

 沖縄料理店のオープン当時からキッチンに立つ當仲日出朝(とうなかひでとも)さんは、同店を炭火ダイニングにしようと決めた一人。「鳥取県産の大山地鶏と、旬の野菜を使って四季を感じられる店にしたい」と意気込む。「『ゆんたく』は沖縄の方言で『おしゃべり』の意味。前店同様、一人で来ても仲間で来ても、店員はどんどん話しかけるので、仲良くなってもらいたい」とも。

 営業時間は18時~翌5時。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?