食べる

下北沢にオリジン東秀運営の低価格ダイニング 店内調理と独自仕入れに自信

同店で一番人気の「塩熟 牛タン定食(国産とろろ付き)」(1,080円)。厚みがありジューシーな牛タンと低価格が好評という。

同店で一番人気の「塩熟 牛タン定食(国産とろろ付き)」(1,080円)。厚みがありジューシーな牛タンと低価格が好評という。

  •  
  •  

 下北沢に「オリジンダイニング」(東京都世田谷区代沢5、TEL 03-6453-4527)がオープンして1カ月がたった。

制服は下北沢店オリジナル

 同店では和定食に力を入れており、「国産鶏の唐揚げ定食」(750円)のほか、「豚キムチ定食」(680円)、「デミグラスハンバーグ定食」(690円)など、30種類以上のメニューを提供。旬の素材を使った季節限定メニューも用意する。

[広告]

 生ビールは300円と価格を抑え、「ちょい飲み」メニューにも力を入れる。「国産鶏の唐揚げ」(270円)、「キムチ」(120円)、「塩熟牛タン」(880円)、「葡萄(ぶどう)牛ローストビーフ」(790円)など、定食のおかずを単品でも提供する。

 運営するイオングループ オリジン東秀の経営戦略部 広報・企画グループマネジャーの山田晃路さんは「豚カツは生パン粉を使って店で揚げるなど、店内調理にこだわっている」と話す。「当社が経営するデリカ専門店『キッチンオリジン』『オリジン弁当』、中華レストラン『中華東秀』とは別に、独自の仕入れを行っており、ご飯は新潟産コシヒカリ。『さばのみそ煮』などに使うサバは冷凍ではなく、生のものを使用している」とも。

 外食事業本部 新業態開発部マネジャーの金子大輔さんは「当初30~40代の男性をターゲットにしていたが、2015年8月に1号店が千葉県習志市にオープンしてみると、女性や年配の方、ニューファミリーも多く利用していることが分かった。当店ではちょい飲みの単品メニューを複数選び、好みのボリュームやヘルシーに組み合わせて注文する女性のお客さまもいる」と話す。

 「オリジンダイニングは地域の特徴を反映した店作りを心掛けており、一店一店内装や外装を変えている。チェーン店だが、下北沢の街に溶け込むお店になれば」とも。

 営業時間は11時~23時30分。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?