買う

世田谷・新代田で熊本のデザイナーが期間限定古着店 リメーク服そろえる

「little vintage」の新谷学さん

「little vintage」の新谷学さん

  •  

 新代田の「atoliye B」(アトリエ ビー)(世田谷区羽根木1、TEL 03-6379-2590)で12月2日~25日、熊本のデザイナー集団「little vintage(リトルビンテージ)」によるポップアップショップ「古着の可能性」が開かれている。

アトリエに並べられた古着たち

 服のリメークなどを行う同集団。活動のコンセプトについてメンバーの新谷学さんは「服が大量生産され続けている資本主義の世の中において大量生産された服が現実としてあるという前提を認めた上で、着なくなった服をもう一度必要とされる服に作り変えたい。だから、古い服だけでなく現在作られている服や生地を利用したリメークなども行なっている」と語る。

[広告]

 手がける商品は、アメリカ軍のポンチョを分解して作ったナイロンカシミアジャケット(41,040円)やイタリアのハリスツイードを分解して作ったPコート(64,800円)など。価格帯は9,000円~60,000円ほど。

 下北沢近くの新代田で出店する理由については「渋谷とか原宿など都心部は人の数が多い分、一人一人のお客さまに僕たちの想いを伝えきれないような気がした。ここならゆっくりときちんと僕たちの活動を伝えられると感じた」と新谷さん。

 東京では2度目となる今回の出店。口コミなどによって前回よりも客入りは好調という。新谷さんは「活動が広まっていくのは感じるが、そのスピードはゆっくりでいいと思っている。10年間熊本で活動してきてそんなにすぐには人の意識は変わらないのは分かっているし、昨今のさまざまなブランドによるリメーク活動もただのブームだと思っている。自分たちはゆっくりじっくり活動していきたい」と話す。

 営業時間は、11時~19時 火曜定休。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?