天気予報

20

10

みん経トピックス

経堂に京都発青果店世田谷で澁澤龍彦の連続講座

下北沢に射撃カフェ&バー アルコールを飲みながらの射撃や対戦も可能

下北沢に射撃カフェ&バー アルコールを飲みながらの射撃や対戦も可能

射撃が未経験でも、一から撃ち方を教えてもらえる

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢南口に「射撃カフェ&バー 真白」(世田谷区北沢2、TEL 03-6450-8658)が1月11日、オープンした。

手ぶらで来店し、すぐに遊べる手軽さ

 注文したアルコールメニューを飲みながら射撃を楽しめるのが特長の同店。縦長の店内には約7メートルのシューティングレンジ(射撃場)を3レーン用意し、対戦にも対応する。女性でも入りやすいようにと、内装は白をベースにしたカジュアルな雰囲気に仕上げた。

 エアガンは、ハンドガンやマニア間で通称「長物」と呼ばれている縦長の銃、アサルトライフルや特殊部隊が使用している実銃がモデルのものなどをレンタル用にそろえるほか、持ち込みにも対応する。同店オーナーは「初心者の方がレンタルする際に、選ぶ基準にしてほしいのは見た目。かっこいいと思うモデルを手に取ってみてほしい」と話す。

 ディスプレーの縁など硬い場所に当たると速い跳弾になる可能性があるため、グラスの着用が必要。飲み物やフード類を射撃場に持ち込む場合はカバー付ける。

 ドリンクは、「プレミアムモルツ」(450円)、「ヒューガルデン ホワイト」(600円)などのビールや、「バランタイン」「ジムビーム」「カナディアンミスト」(以上500円)などのウイスキー、ラムやジン、ウオツカなど。ソフトドリンクは「コカ・コーラ」「ジンジャーエール」「オレンジジュース」(以上250円)など。

 自家製の「黒ニンニク」(500円)、「フライドポテト」(300円)、おつまみ盛り合わせ(700円)、スモーキーホットサンド(800円)などの軽食も用意する。

 同オーナーは「サバイバルゲームをプレーしているようなマニアではなく、ストレス発散やゲーム感覚で遊びたいインドアのライトユーザーを意識している。『銃に興味がある』『射撃をしてみたい』という方の入り口となれれば」と話す。「今後はフリー対戦や早撃ちの大会を企画する予定。ニッチな分野の射撃を盛り上げていきたい」とも。

 営業時間は17時~24時(土曜・日曜・祝日は11時~)。料金は、15分=500円、30分=1,000円、60分=1,500円。ガンレンタルは500円(スペアマガジン1本と約100発のローダー1本付き)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

子ども向けに「どうぶつしょうぎ」なども楽しめる
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング