天気予報

20

12

みん経トピックス

世田谷で街バル下北沢で備前焼作家の個展

下北沢に油そば屋のチェーン店 麺増量も同一価格で

  • 0
下北沢に油そば屋のチェーン店 麺増量も同一価格で

一番人気は、「油そば」(760円)と「スペシャルトッピングA」(180円)の組み合わせ

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢駅南口にラーメン店「東京油組総本店 下北沢組」(世田谷区北沢2、TEL 03-6450-7383)がオープンして2カ月がたった。

店内

 同店は都内を中心に展開している油そば屋のフランチャイズ店。「つけ麺屋 やすべえ 下北沢店」が閉店後に開店し、店舗は居抜きで使用している。

 メニューの油そばは、「油そば」(760円)と「辛味噌油そば」(820円)の2種類。サイズは並盛り(160グラム)、大盛り(240グラム)、W盛り(320グラム)があり、同一価格となっている。テーブルに備え付けの酢、ラー油をかけ、麺とタレを混ぜ合わせる食べ方を薦めている。

 トッピングは、スタッフのまかないでもよく出るという「半熟たまご」(100円)や、「チャーシュー」(320円)、「ねぎゴマ」(100円)、唐辛子とフライドガーリックを合わせた「油組スペシャル」(20円)など。刻み玉ネギは無料で、加えるとサクサクとした食感が加わる。

 店長の武田裕介さんは「どのサイズでも同じ価格のため、がっつり食べたい若い客層にはW盛りが好評。初めて来店される方は試しに並盛りを注文することが多い。男性には大盛りからがちょうどいいのでは。残しても構わないので、気軽に大盛りやW盛りを注文してほしい」と話す。「下北沢の街に馴染(なじ)む努力をしていきたい。若者が気軽に入れる店づくりをしていければ」とも。

 営業時間は11時~23時30分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

たくさんの酒が並ぶ店内
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング