天気予報

11

7

みん経トピックス

下北沢でキッズハロウィン下北の一部店舗で選挙割実施

下北沢で200種以上の酒を提供するバー  20歳店長が経営

下北沢で200種以上の酒を提供するバー  20歳店長が経営

店長の岡村天翔さん

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢北口にバー「cafe and bar TEN」(世田谷区北沢2、TEL 03-6804-8157)がオープンして1カ月がたった。オープン日は9月16日。

たくさんの酒が並ぶ店内

 常時200種類以上のアルコールを取りそろえる同店。主なドリンクメニューは、ウイスキー(650円~)、カクテル(650~850円)、生ビール(600円)、ラム酒(650円~)など。ウイスキーは100種類以上そろえ、生産本数300本以下の珍しいボトルも提供する。

 フードメニューは、「パスタ」や「生ハム」(以上800円)、「ソーセージの盛り合わせ」(900円)など。20歳の若さで店長を務める岡村天翔さんのお薦め「自家製アダルト生チョコ」(400円)は、カカオの割合やチョコに含まれるアルコールの種類を毎回調整するほどのこだわりがあるという。

 岡村さんは「一般的にバーは敷居が高くて値段も高く入りづらいというイメージ。リーズナブルでフレンドリーなバーを経営し、バーに対するイメージを払拭(ふっしょく)することが目的」と話す。「お酒が本当に好きな方、これからお酒を覚えたい方に来ていただきたい」とも。今後、多店舗展開を視野に入れているという。

 営業時間は20時~翌5時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

【関連画像】映像展「音なき潮騒」
[拡大写真]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング