食べる

「茶畑があった」下北沢で、お茶の植樹ツアー  茶師十段による製茶体験も

植樹と製茶体験の会場となる旧柳澤邸

植樹と製茶体験の会場となる旧柳澤邸

  •  
  •  

 下北沢で4月22日、「お茶の苗木植樹・製茶体験ツアー+下北沢の街歩き」が開催される。

お茶の苗木(ポスター)

 当日は9時30分に下北沢駅に集合し、旧柳澤邸(同区大原1)まで移動。行きと帰りの道中は、しもきた商店街振興組合(同区北沢2)理事長の柏雅康さんがガイド役となり、商店街などを巡りながら下北沢の歴史を話す。旧柳澤邸では、中庭でお茶の苗木30本を植樹するほか、茶師10段である「しもきた茶苑大山」(同区北沢2)の大山泰成さんを講師に迎えて製茶体験を行う。

[広告]

 苗木は、同商店街で毎年開催している宮崎県の観光物産イベント「みやざきweeeek!!」で、5周年を記念して宮崎県から寄贈されたもの。柏さんは「下北沢にはかつてお茶畑があった。そんな昔からの歴史を今回のご縁をきっかけに復活させたい。街歩きでも下北沢の歴史に思いをはせていただければ」と参加を呼び掛ける。

 参加費は3,000円。前日までに要事前予約。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?