食べる

世田谷・経堂に「男飯」テーマの定食店 ラーメン店が新業態に挑戦

「野郎丼スタミナ生姜」(730円)

「野郎丼スタミナ生姜」(730円)

  •  

 経堂に「キッチン 男の台所」(世田谷区経堂1、TEL 03-6413-0209)がオープンして2カ月がたった。運営はM's corporation(同区)。

「野郎ナポリタン」(780円)

 これまで「百麺」「誠屋」などのラーメン店を展開してきた同社初の定食店。社長の宮田朋幸さんは「修業時代も合わせれば、20年間ラーメン一本でやってきた。撤退も何度か経験したが、ラーメン以外の業態を持つことで会社を強くしたいと思った」と話す。

[広告]

 コンセプトは、ボリューム感と低価格にこだわった「男飯」。「低価格の中で味にもこだわった。学生さんの財布にも優しいので思いっきり食べてもらいたい。もちろん女性も歓迎。ご飯の量が多いので好みで調整できることを声掛けしている」という。席数は21席。カウンターからは調理の様子を見ることができる。

 メニューは、「野郎丼スタミナ生姜(しょうが)」(730円)、「オムライスハンバーグ」(750円)、「野郎カレー」「野郎ナポリタン」(以上780円)など。

 宮田さんは「今後はラーメン店で提供していたギョーザや角煮なども提供していきたい」と話し、「がっつり飯のボリュームを一度体験していただければ」と来店を呼び掛ける。見込み月商は350万円。

 営業時間は11時~15時、17時~21時。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?