見る・遊ぶ

「下北沢映画祭」今年も開催へ 大九明子監督が審査するコンペも

松居大悟監督「君が君で君だ」

松居大悟監督「君が君で君だ」

  •  

 下北沢映画祭が10月26日~28日に開催される。10回目となる今年のテーマは「to be continued お楽しみはまだまだ続く」。

コンペティションゲスト審査員の大九明子監督

 プログラムは全部で5種類。Aプログラム「柄本佑×三宅唱、特集上映。」では、「きみの鳥はうたえる」でタッグを組んだ俳優柄本佑さんと監督三宅唱さんにスポットを当てる。柄本さんが監督し三宅さんが助監督を務めた「ムーンライト下落合」を含む短編映画を一挙上映する。

[広告]

 Bプログラム「ちょっとの雨ならがまん in 下北沢」では1980年代の日本ハードコアパンクシーンを記録した音楽ドキュメンタリー「ちょっとの雨ならがまん」を上映。

 Cプログラム「演劇×映画の可能性」は、劇団ゴジゲン主宰で映画やドラマでも活躍する松居大悟監督のラブストーリー「君が君で君だ」と、下北沢を舞台にした「アイスと雨音」の裏側に迫るドキュメンタリー「ファーストキス」の2本立て。「ファーストキス」のエリザベス宮地監督は「君が君で君だ」の編集も担当している。

 Dプログラムは「MOOSIC LAB 2018ー下北沢映画祭セレクション-」と題し、音楽と映画の祭典「MOOSIC LAB」が送り出してきた名作をセレクト上映。

 Eプログラムは新人監督の登竜門となる「第10回下北沢映画祭コンペティション」。応募総数253作品から選定された10作品を上映し、最終日にグランプリや準グランプリほか、各賞を決定する。ゲスト審査員には「勝手にふるえてろ」が大ヒットを記録した大九明子監督が決定している。

 運営委員会委員長の平井万里子さんは第10回開催に当たり、「この10年は、さまざまなトライ&エラーを繰り返しながらあっという間に過ぎたような気がする。今年は私たちにとってまだまだ通過点。今後も変わりゆく下北沢の街を舞台に、下北沢映画祭も変化していく10年、20年にしたい」と話す。

 会場は北沢タウンホール(世田谷区北沢2)、下北沢ReG(沢5)、下北沢トリウッド(代沢5)、本屋B&B(北沢2)の4カ所。料金、時間などの詳細は公式サイト参照。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?