食べる 学ぶ・知る

下北沢B&Bで「ビール」テーマにトークイベント 飲み比べも

ビール片手にトークを繰り広げるスプリング・バレー・ブルワリーの中水和弘さん(左)と姫乃たまさん

ビール片手にトークを繰り広げるスプリング・バレー・ブルワリーの中水和弘さん(左)と姫乃たまさん

  •  
  •  

 下北沢の書店「B&B」(世田谷区北沢2、TEL 03-6450-8272)で8月24日、トークイベント「飲み比べ付き! プロが教えるクラフトビール入門」が行われた。

会場にさまざまな質問をする中水和弘さん(左)と姫乃たまさん

 「ビールが飲める本屋」として2012(平成24)年にオープンした同店。オープンから5年後の2017(平成29)年12月に現在の場所であるBIG BENビルに移転した。連日ゲストを呼び、トークイベントなどを催している。

[広告]

 この日は、代官山のダイニングバー「スプリング・バレー・ブルワリー」(渋谷区)クラフトビールアンバサダーを務める中水和弘さんと、ビール好きライターの姫乃たまさんが登壇。「ビールを飲んで学ぶ」をテーマに、ビールにまつわるさまざまな話を繰り広げた。イベントは約1時間50分間にわたり、会場に集まった20人は4種類のビールを飲み比べながら終始2人の話に耳を傾けた。

 イベントが始まるとまず、中水さんが姫乃さんに「ワインとビールはどちらが先に誕生したか」と質問し、姫乃さんは悩んだ末に「ワイン」と回答した。すると中水さんは「ワインは約2万年前、ビールは約6千年前に誕生した」と解説。正解を答えた姫乃さん自身が驚いている様子だった。

 最も盛り上がった話題は「エールとラガーの2種類のビールの違いについて」。エールとラガー合わせて108種類のビールが存在することや、作り方がそれぞれ違うなど中水さんが解説すると、姫乃さんと来場者は感心していた。

 ほかにも、「ビールはなぜ泡が立つか」や「一番搾りの一番は何か」などさまざまな話題に触れ、時折会場から質問が飛ぶなど盛況のままイベントは終了した。

 最後に姫乃さんは「実生活に根付いた酒にまつわることがたくさん聞けた。酒の話は詳しく聞いて覚えるともてると思う」と感想を述べた。中水さんは「姫乃さんとは、今後も一緒に座学だけではなく、ビール造りなど課外講座もやってみたい」と話した。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?