天気予報

10

3

みん経トピックス

ポストカードにフレームを映画で「下北らしい開発を」

下北沢にインディアンレストランの新店-「一歩先行くインド料理を」

  • 0
下北沢にインディアンレストランの新店-「一歩先行くインド料理を」

店内でメニューの「ナン」を持つ、チーフコックのシスパルさん

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢西口にインディアンレストラン「SPICIA」(世田谷区北沢2、TEL 03-3414-5055)が3月1日、オープンした。

 同店は「モダンな空間の中で一歩先を行くインド料理を」という店長の考えのもと、スパイスをふんだんに使った質の高いカレーを数多く提供することを目指すインド料理専門店。店舗面積は約13坪。アジア調のインテリアを使った内装で落ち着いた雰囲気を演出した。

 メーンメニューは、チキン・マトン・ポーク・シーフード・ベジタブルそれぞれの素材を使った20種類のカレー。オーダーを受けてから5つ星レストランで経験を積んだ料理人がフライパンで一皿ずつ作り上げる。スパイスの量や辛さはオーダー時に調整可能。人気メニューは、海老入りの「プラウンマサラ」(1,230円)など。

 開店してからの客層は、女性を中心に30代~40代以上が多く、中にはランチタイムの料理とともにシャンパンを空け、ゆっくり食事を楽しむ客も。同店店長は「下北沢は文化的な街。その街の中でも一番落ち着いたエリアを選んで出店した。お客様からの提案を大事にする『わがままのきく店』にしてきたい」と話している。

 営業時間は11時30分~15時、18時~23時。

下北沢のバー「URAKITA」が2号店-本格インドカレーも提供(下北沢経済新聞)下北沢南口に南インド仕込みの本格スパイス料理専門店(下北沢経済新聞)下北沢・食品市場に期間限定のインドカレー店-ランチは行列も(下北沢経済新聞)カレー店集積、下北沢に新店-タイやインドの香辛料で独自のルー(下北沢経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

店長の四本晶さん(左)、料理長の野村俊彦さん(右)
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング