天気予報

12

3

みん経トピックス

フリー誌が「夜の編集会議」ライブバーで「下北沢の乱」

パパ視点の子育てフリーペーパーで「下北沢」特集-親子で街を散歩

  • 0
パパ視点の子育てフリーペーパーで「下北沢」特集-親子で街を散歩

さわやかな水色が特徴の創刊号の表紙

写真を拡大

 世田谷区内をメーンに配布中のフリーペーパー「papa’ style vol.001」(せたがやパパの会)で、「パパとおでかけ3時間」と題して下北沢が特集されている。

 同誌は「父親支援、父親視点」をテーマに情報を発信することを目的としたフリーペーパー。「せたがやパパの会」が、地域の子育て活動の活性化に貢献すると認められた団体・個人に交付される「世田谷区子ども基金」の助成を受けて出版した。3月4日に世田谷区内で行われた「子育てメッセ」で初めて配られ、現在までに約2,000部を印刷したという。主に児童館や子育てセンターなどで配布されているが、4月末には読売新聞都民版で取り上げられるなど注目度が高まっている。

 創刊号の下北沢特集は見開きで2ページ。同会メンバーの生沼良都さんが1歳6カ月の長女と下北沢の街を散歩する様子が写真付きで紹介されている。訪れたのは国産小麦で作ったパンを販売する「mixture」(世田谷区北沢3)や、子ども服を販売する「FRUITS BASKET」(北沢2)など。生沼さんは「渋谷や新宿と比べて下北沢は子どもと一緒に歩きやすい街だと感じる」と話す。誌面はこのほか、メンバー5人が子どもとの遊び方や仕事との両立の仕方を書く「ボクのパパ論」や、「ママがひとりで気分転換したい平均時間は?」「パパがしている家事ベスト3は?」などのアンケート結果で構成されている。

 同会代表の小嶋さんは「パパはどんなことを考えているか、子どもや奥さんとどうコミュニケーションを取っていけばいいのかについて父親目線で発進するフリーペーパーは今までにないと思う。子育てをする父親支援も必要だということを知ってもらうきっかけとなれば」と話す。現在、同誌の2号を企画中のほか、協賛する企業を募り、子育てに関するイベントなどを発案していく予定だという。

 創刊号はオールカラー、全12ページ。問い合わせはinfo@papa-style.netまで。会員はサイトで随時受け付けている。

papa’style子育てママ向けの下北沢情報紙「まちとこ」-アイコンで情報提供(下北沢経済新聞)フリーペーパー「日和」で松本「工芸の五月」特集-期間中のガイドブックに

(松本経済新聞)
天神地下街の案内フリーペーパーが創刊-年4回発行(天神経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

スタンプラリーのスマホアプリ
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング