下北沢に博多もつ鍋店-「ハチの巣鍋」などをリーズナブルな価格で

2階の座敷席の壁には、張本さんの知人画家が手がけたという牡丹の画が飾られている

2階の座敷席の壁には、張本さんの知人画家が手がけたという牡丹の画が飾られている

  •  
  •  

 下北沢南口に11月24日、博多もつ鍋を提供する「もつ鍋 巣(もつなべ・す)」(世田谷区北沢2、TEL 03-3795-9030)がオープンした。

 店舗面積は1階、2階合わせて56坪。席数は65席(うち座敷席40席)。コンクリート打ちっ放しと、木目を基調とした内装のコンセプトは「和と洋の中和」(同店スタッフ)だという。

[広告]

 同店は、下北沢「かくれん坊」(北沢2)などの飲食店も運営する光倫商事(世田谷区)が経営。同社の張本光夫社長は「世界中に多様なもつの食べ方があるが、もつの最大のおいしさを生かせるのは博多もつ鍋。韓国料理、イタリアン、中華などさまざまな料理の店を運営してきたが、もつ鍋はその集大成だと感じている」と話す。

 メーンメニューは、「国産牛生もつ鍋」のしょうゆ味・みそ味と「国産牛ハチの巣鍋」の塩味(各1,280円)。このほか、キャベツなどのトッピング13種(320円~)、おつまみ(420円~)など。ドリンクメニューは生ビール(580円)やカクテル(530円)、ワイン(530円)などのアルコールからソフトドリンク(480円)までを提供する。オープンから間もないが、女性客を中心に多くの客が訪れているという。

 張本社長は「世界の経済が悪化している中でのオープンには勇気が必要だった。この経済状況だからこそ、利益は二の次においしいものを低価格で提供していきたい」と話す。

 営業時間は17時30分~24時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?