下北沢のビールバーが店舗拡張-年間400~500種類のビールを提供

店内には、たくさんのビールサーバーが並んでいる

店内には、たくさんのビールサーバーが並んでいる

  •  
  •  

 下北沢南口のビールバー「うしとら」(世田谷区北沢2、TEL 03-3485-9090)が7月7日、店舗拡張のため、同じビルの同フロアに「うしとら2号店」をオープンする。

 店舗面積は7坪、収容人数は約15人。茶色を基調とした落ち着いた雰囲気の1号店とコンセプトを変え、「日本の蔵」をイメージした。1号店は全面喫煙となっているが2号店は全面禁煙に。

[広告]

 「うしとら」は2006年3月にオープン。店舗面積は約14坪、席数は25席。オーナーの吉田伸右さんが西荻窪で3年間ビールバーを経営した後、店舗拡大のため下北沢に同店を構えた。店名はオーナーの吉田さんと寺崎さんの生まれ年である「丑」と「寅」から。

 2号店オープンの理由について、吉田さんは「3年ごとにお店をより良くしていきたいという思いがある。お客さんが店に入りきれないことが多々あったので、酒を飲みながら待ってもらえるようなスペースを作りたかった。同じフロアだったら2店舗合わせて楽しむことができるのでは」と話す。

 1号店では、地ビールや海外から輸入したビールのほか、オリジナルビールなど常時23種のビールと食事を提供する。取り扱うビールの種類は年間400~500種類。月に1度、ビールを使って作る「うしとらカレー」は、3日間で180食を売る。

 2号店は立ち飲みの形式で、軽めのおつまみを提供する予定。ビールの種類は未定だが、オープン時には両店舗合わせて35種類を用意する。

 両店ではビールと食事のメニューが毎日変わる。そのため、「今日飲めるビール」を毎日ブログで紹介している。吉田さんは「ブログやミクシィのコミュニティーを見たり、口コミなどで全国からお客さんが来てくれる。一度きりではなく、何度も行きたいと思ってもらえる店づくりをしている」と話す。

 営業時間は両店共に17時~翌2時。定休日は1号店=無休、2号店=月曜。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?