「あいのり」のヒデさん、下北沢にアフリカ雑貨店-原宿に次ぎ2号店

一枚一枚に異なるメッセージがこめられた「カンガパンツ」をまとう今澤さん。このカンガの意味は「お母さんは、平安をもたらす女王様」。母の日のプレゼントに記者も購入

一枚一枚に異なるメッセージがこめられた「カンガパンツ」をまとう今澤さん。このカンガの意味は「お母さんは、平安をもたらす女王様」。母の日のプレゼントに記者も購入

  •  
  •  

 下北沢南口に4月8日、アフリカ雑貨などを扱う「MAASAI MARKET SHIMOKITAZAWA(マサイマーケット下北沢)」(世田谷区北沢2、TEL 03-6407-9208)がオープンした。

 同店オーナーは、恋愛バラエティードラマ「あいのり」(フジ系列)に2004年から2005年まで出演していた「ヒデ」こと今澤徹男さん。2007年に22歳で衣料品の輸入などを行う「JAMAA」(渋谷区)を設立し、「マサイマーケット原宿」(同)をオープンした。同店は原宿店に次ぐ2号店となる。

[広告]

 店舗面積は15坪。風通しの良い店内にはお香がたかれ、アフリカンミュージックが流れる。

 今澤さんは「アフリカに惹かれたのは『あいのり』がきっかけ。大自然や、フレンドリーな現地の人々の笑顔が素晴らしいと思った。中でも僕はマサイ族の男性がとても好き。家族のために狩りをし、とても力強くて原始的。本来あるべき男の姿だと感じる」とアフリカの魅力を話す。「下北沢は老若男女問わずたくさんの人が訪れる街。アフリカを遠く感じている人にも、当店を通してアフリカ文化を身近に感じてもらえれば」とも。

 商品は、「ミサンガ」(500円)、牛の骨で作り、象の牙をチーフにした「ボーンネックレス」(1,890円)、エチオピアのタイヤで作られたサンダル「SoulRebels」(5,480円)、マサイ族の女性が身にまとう伝統衣装「カンガパンツ」(2,625円)などの雑貨や衣類のほか、タンザニアから輸入したコーヒー「Africafe」(945円)なども。商品はすべてアフリカからの輸入商品。今澤さん自ら現地に買い付けに出かけることもある。

 「アフリカ好きのお客さんに特に人気なのがカンガパンツ。それぞれにスワヒリ語でメッセージが書かれていて、現地ではプレゼントとしても人気。日本語に訳してタグに記入したので、ぜひ手にとって楽しんでほしい」と今澤さん。

 営業時間は13時~21時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?