下北沢にボルダリングジム-土日には初心者スクールも

実際にボルダリングを行う、藤原康幸さん

実際にボルダリングを行う、藤原康幸さん

  • 0

  •  

 下北沢南口に4月24日、ボルダリングジム「グラヴィティ」(世田谷区北沢2、TEL 03-6407-2526)がオープンした。

 ボルダリングとは、ロープなどを使用せず、2~4メートルの人口壁に取り付けられたホールドと呼ばれる突起物を手と足を使って登っていくインドアスポーツ。Fidoスポーツ(渋谷区)が経営する同店は、2002年8月にオープンした高田馬場店(豊島区)に次ぐ2号店となる。

[広告]

 店舗面積は約40坪。「雰囲気から楽しんでもらえるように」(総括責任者の藤原康幸さん)、壁面は赤や白に、ホールドは色とりどりの蛍光色で仕上げた。室内に備える大型モニターでは、大自然の中でクライミングを楽しむ映像を流す。

 同店のボルダリングコースは約200種類。ボルダリングのレベルは10段階あり、「1」が最も難易度が高い。「10」~「7」では手の動きのみを制限、「6」~「1」は手と足の両方の動きを制限するなどのルールを設けている。フリークライマー野口啓代さんや小澤信太さんが設定したルートも。初心者でも挑戦しやすいように、各コースの道順がわかるシールをホールド付近に張っている。

 下北沢店ではオープン以来、学生のほか、会社帰りの社会人なども多く訪れている。小学生以下は親の同伴が必要だが、利用客の中には5歳児もいるという。更衣室へ続く廊下には、利用客らが下北沢の情報を書き込むホワイトボードを設置。「ジム帰りなど、下北沢散策の参考にしてもらいたいと思って設置した」と藤原さん。

 藤原さんは「頂上までたどり着いたときは本当に気持ちがいい。1人でも多くの人に、登りきった瞬間の達成感を味わってもらえれば」と話す。

 営業時間は、平日=12時~24時。土曜・日曜・祝日=10時~23時。入会料は1,500円、施設利用料は一般1,500円(2時間半)ほか。土曜・日曜を中心に、初心者を対象としたスクールも開いている。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース