天気予報

28

23

みん経トピックス

下北の本屋で行商列車トーク下北の古着店でコーヒー提供

下北沢のたこ焼き店「大阪屋」が閉店 29年間の歴史に幕

下北沢のたこ焼き店「大阪屋」が閉店 29年間の歴史に幕

開店から次々と客が訪れる。女性客は「次の場所が早く決まるといいですね」と店主に話しかけていた

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢のたこ焼き店「大阪屋」(世田谷区北沢2)が1月30日、閉店する。

同店のたこ焼き8個入り(300円)

 1987(昭和62)年にオープンしてから29年間、夫婦で切り盛りしてきた同店。8個入り=300円、15個入り=550円という価格から、行列のできるたこ焼き店として知られ、地元住民にも愛されてきた。客の待ち時間を短縮するために、8個入りは一人2パックまで、12個入りは一人1パックまでの購入、という独自のルールを設けている。

 店主によると、「大家さんが新しく変わって、家賃が大幅に値上がりすることになった」ため今月末で閉店することに決めたという。「物件は探しているが、急に決まったことなので大変」とも。

 ツイッター上では、「ショックだな」「悲しすぎる」「あと5回は行こう」「大阪屋今月いっぱいで閉店とか下北沢終わりすぎ」など、閉店を惜しむユーザーの声が相次いでいる。

 営業時間は17時30分前後~23時前後。売り切れ次第終了。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

名物 肉盛り(990円)
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング