食べる

下北沢に「広島お好みロール」店-元賄いメニュー、人気で主力メニューに

同店で提供する「広島お好みロール」

同店で提供する「広島お好みロール」

  •  
  •  

 下北沢西口に12月10日、広島お好みロール専門店「art(アルテ)」(世田谷区北沢2、TEL 03-6407-8863)がオープンした。

 運営は広島県内で飲食業を手がけるジェイコーポレーション(東広島市)。同社は、東広島市内で10年前にお好み焼き店をオープン。昨年、港区で行われたイベント「めざせ!お台場合衆国」への出店を足がかりに、実店舗としての東京進出に踏み切った。

[広告]

 店舗面積は18坪で、席数はテーブル25席。店内の壁には、広島出身のアーティスト、Nagai Kazuakiさんの絵画を飾る。「味でも驚き、絵画でも驚いてもらえるような面白い店にしたい。店名のアルテには、『食とアート』の融合の意味合いも込められている」と同社広報の山田昭夫さん。

 メーンとなるメニューは、特製ソースで炒めた焼きそばに、ネギ、卵、チーズなどの具材を合わせ、豚肉で包むように焼き上げた「広島お好みロール」(650円)。同メニューは8年前、東広島の店舗で賄い料理として提供していたもの。スタッフ内で好評だったことからメニュー化に踏み切った。山田さんは「東広島の店では、いわゆる広島風お好み焼きと半々くらいの割合で注文が入る人気メニュー。食べ応えがあり、学生の人気も高いことから、若者が多い下北沢への出店を決めた」と話す。

 ドリンクメニューは、ソフトドリンク各種(150円~)、アルコール各種(ビール=500円、ハイボール=400円)など。

 下北沢の店を仕切るのは、東広島の店で修行を積んだ店長の小竹均さんと川谷直輝さん。小竹さんは「東京への出店にあたり、連日のように『広島お好みロール』を焼き続けた。ここでしか食べられない味を目指して、日々精進していく」と意気込む。「下北沢にはこの土地に昔から住んでいるという年配の方も多い。本場の味をしっかりと引き継ぎ、老若男女に受け入れてもらえるような味とサービスを提供したい」とも。

 営業時間は11時~23時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?