下北沢で写真家による被災地写真展-フィルム写真30点を展示

約50点のフィルム写真を展示する

約50点のフィルム写真を展示する

  • 0

  •  

 下北沢南口のギャラリー「Shimokita Art Space(下北アートスペース)」(世田谷区北沢2、TEL 03-5433-4502)で6月17日~19日、写真家・大杉隼平さんによる作品展「SHUMPEI OHSUGI PHOTO EXHIBITION」が開催される。 

 展示作品は、東日本大震災の被災地を撮影したフィルム写真約30点。大杉さんが、NPO法人「奄美大島自然体験学校」を通じてボランティア活動で福島県と宮城県の被災地を訪れた際に撮影したもの。

[広告]

 「被災地には4月下旬に訪れ、南相馬市から女川町に向かって北上しながら撮影した。言葉にならない景色が広がっていた。ニュースなどでは目にしていたが、想像以上に深刻な現状だった。自分にできることは何かを考えたいと思い、作品として発表することにした」(大杉さん)。

 同展では、オリジナルエコトートバッグやポストカードの販売も行う。売り上げの一部は、同NPOに寄付し、被災地の子どもたちの支援に充てる。

 開催時間は10時30分~22時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?