食べる

下北沢に地中海をテーマにしたワインバー、仏人元ビストロ支配人が開く

ブルーノさん(画像左)は日本に移住する前、パリでIT系企業の社長を務めていたことも。現在は下北沢に住んで10年ほど。画像中央は、ブルーノさんの妻、ウイリアムズ久美さん

ブルーノさん(画像左)は日本に移住する前、パリでIT系企業の社長を務めていたことも。現在は下北沢に住んで10年ほど。画像中央は、ブルーノさんの妻、ウイリアムズ久美さん

  •  
  •  

 下北沢北口に5月7日、ワインバー「LA VILLA(ラ・ヴィラ)」(世田谷区北沢2、TEL 03-3468-2929)がオープンした。 

 同店のコンセプトは「地中海のバカンス」。店舗面積は13坪で、内装はほぼ手作り。フランス人オーナーのブルーノ・ウイリアムズさんは「イタリアやスペインなどの家でよく使われている白いブロックとシックな黒を基調にすることで、上品ながらリラックスできる空間をイメージした」と話す。

[広告]

 地中海を囲むスペイン、イタリア、南フランス、モロッコなどの国々の特産品を使用したメニューがメーン。チョリソや自家製パテ、キッシュ、ヤギのチーズなどから3種または5種のミックスプレートにサラダが付いた「タパス」(3種=750円、5種=1,500円)、ブルーノさんおすすめの「6エスカルゴ&パン」(700円)、「とよんちの卵のスパゲティ カルボナーラ」(850円)など。

 ワインは、「ハウスワイン赤、白」(各400円)、「スパークリングワイン」(650円)、「シャルドネ」(600円)のほか、南フランス産の白ワイン「ソーヴィニヨン-ルイ ピエール」(2,500円)をはじめ、旬のボトルワインも常時取りそろえる。このほか、ウオツカ(750円)、アサヒ スーパードライ(650円)など。

 ブルーノさんは、今年3月で閉店した「ビストロ・トロカデロ」(北沢3)で約1年半、マネジャーを務めた。オープンのきっかけについて、ブルーノさんは「トロカデロの閉店前、たまたまこのテナントの前を通りかかったとき、今の店のイメージがふっと沸いた。そのときの気持ちは『Coup de Coeur』。直訳すると『ひとめぼれ』」と笑う。

 オープンから約1カ月半を振り返り、ブルーノさんは「下北沢にはなかなかないシックな雰囲気がいい、と喜んでくださるお客さんが多い」と話す。「老若男女問わずいろんなお客さんが来てくれてうれしい。赤ちゃん連れのお母さんも遠慮なく楽しんでくれれば。僕は犬が大好きなので、ペットの同伴も歓迎」とも。

 営業時間は、月曜~木曜=18時~翌1時、金曜~日曜=12時~翌2時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?